MENU

全身脱毛前の自己処理は必須!正しい方法&シェービング無料のおすすめサロン

2020 5/18
全身脱毛前の自己処理は必須!正しい方法&シェービング無料のおすすめサロン

全身脱毛を受けるには、どこのサロン・クリニックでも自己処理が必須!

ただ、全身ともなると自己処理は大変だし、やり方もよくわかりませんよね。

今回は、全身脱毛前の自己処理についてポイントや注意点をまとめました。

全身脱毛前は自己処理が必須です!

A子さん
全身脱毛の前って、ムダ毛はどうすればいいの?
編集部
脱毛前には必ず、ムダ毛を処理しなければなりません。

脱毛を契約している人はほとんどの場合、「脱毛の前には毛を剃ってきてくださいね」とサロン・クリニックに言われているのでは?

どのサロン・クリニックに通うとしても、脱毛前の自己処理は絶対必要です!

ムダ毛を処理しないまま、照射をおこなうことはありません。

全身脱毛前に自己処理が必要な理由

なぜ自己処理が必要なのか、結論から言うと火傷の危険性があるからです。

光やレーザー脱毛は、黒い色素に反応する特殊な光を照射するので、毛が伸びすぎていると熱が集まり過ぎてしまい火傷する可能性があるのです。

また多くのサロン・クリニックでは脱毛当日ではなく、前日までに済ませるように注意があるはず。

シェービングなどの自己処理は、肌の表面を削ってしまったり、少なからず肌に負担をかける行為です。

そのためシェービング後すぐに照射すると、肌を傷める原因にもなりかねないので、自己処理は前日までに済ませるべきなんですね。

自己処理が難しい部分は大丈夫かもしれませんが、明らかに自己処理をしていないと、危険性が高いので施術を受けられない場合もあります。

脱毛前の正しい自己処理は「電気シェーバー」で!

A子さん
何を使って自己処理をしたらいいのか、いまいちよくわかりません…

全身ともなると、脱毛前の自己処理はなかなか大変。

自己処理を始める前に、何点か注意があります。

知らずにセルフケアすると脱毛効果にも差が出てきてしまうので、事前に知っておくと安心かも。

脱毛前の自己処理方法

安全に自己処理をするために、それぞれ詳しくお伝えしますね!

脱毛前の毛抜きは絶対 NG!

脱毛前のムダ毛処理は、毛抜きで1本1本抜くのは絶対NGです。

ワキなどは毛抜きで抜くのが習慣になっている人もいるかもしれませんが、この処理方法をしてしまうと、脱毛効果がなくなってしまいます

サロンやクリニックの脱毛器は、毛根にダメージを与えて毛を弱らせていく仕組み。

毛抜きで毛根まで抜いてしまうと、せっかく照射しても効き目がなくなります。

また、毛の周期がずれてしまい脱毛期間が長くなったり、埋没毛の危険性もあるので、脱毛前に毛抜きを使うのはやめましょう!

カミソリも肌トラブルのもとになる

日常的に、ムダ毛をカミソリで剃る人は多いと思います。

手軽に安く済むので使っている人がたくさんいますが、カミソリもあまりお勧めできない方法。

実はカミソリの刃をあてて肌の上を滑らせるときに、角質を薄く削り取ってしまっています。

この状態で脱毛を受けると、赤み、乾燥肌など肌ダメージにつながりやすくなるのです。

日常的にカミソリを使っていると色素沈着を起こしたり、肌荒れしやすくなって施術を続けるのが困難になることもあるため、なるべく避けましょう!

電気シェーバーで処理し、保湿も忘れずに!

また、ワックスも毛根から抜いてしまい、脱毛効果がなくなるのでNG。

脱毛クリームも毛を溶かす強力な薬剤で、肌に負担をかけてしまうので良くありません。

脱毛前の自己処理に使う道具で、一番のオススメは「電気シェーバー」です!

電気シェーバーは、唯一サロンでも推奨されている自己処理方法です。(あるサロンでは、契約時にプレゼントしてくれたりも◎)

身体用のシェーバーなら広範囲を自己処理できますし、顔用の小さめのシェーバーならVIOなど細かい部分も自己処理しやすいはず。

電気シェーバーで自己処理が終わったら、保湿を必ず忘れずにしましょう。

自己処理を行った後の肌は敏感になっていますので、化粧水やクリームを塗って保護することも大切ですよ!

全身脱毛前の自己処理方法

A子さん
脱毛前の自己処理って、いつも通りに剃ればいいの?

脱毛前の自己処理も、普段通りの剃毛でかまいません。

電気シェーバーを使い、自分のやりやすいように自己処理をしましょう。

IラインやOライン、せなか、うなじなどは自己処理が難しい部分なので、無理に処理する必要はありません。

肌を傷つけないように、自分のできる範囲で自己処理をしていきましょう

また、直前の処理だと光が反応しづらくなるので、施術の2日~前日までに済ませておくのがベター。

ここからは「身体の前面」「身体の背面」に分けて自己処理方法を紹介します。

身体の前面は普段通りに処理しよう

体の前面は普段通り自己処理できると思います。

一番自己処理をしやすい時間帯は「お風呂上り」。肌が柔らかくなっているので、肌へのダメージが少なくて済みます。

ですが、電気シェーバーでの自己処理の際は肌が湿っていると滑りが悪くなります。

その時はベビーパウダーを使うと便利です。

身体の背面は無理のない範囲で

背面は自分では見えない部分ですので、無理に剃ろうとすると、ケガをしたり、肌を傷つけてしまうことになりかねません。

誰か手伝ってくれる人がいればいいのですが、そうもいかない場合、自己処理が難しい部分はサロンやクリニックによっては剃ってくれる場合もあります。

ケガをしてしまうと脱毛自体受けられないこともあるので、決して無理はせず、お店に任せる方が良いかもしれませんね。

VIOラインも基本はすべて剃ろう

脱毛前には、VIOラインも基本的にすべて剃ることが推奨されています。

しかし目視しにくい部位なので、上手に処理するにはコツが必要。

  1. まず眉毛・鼻毛用の小さなハサミで、全体を短くカットしておく
  2. 小さめのシェーバーで毛の流れに沿うように上から下へ剃る
  3. 最後に一度、毛の流れとは反対に逆剃りする

この3つのコツを覚えておくと、スムーズですよ!

毛が長い状態のままシェーバーを使うと、毛が絡んで故障の原因となったり、毛が引っ張られて痛みが出る場合があるので、ハサミで切るのを忘れずに。

またVIOの剃毛の際には、鏡やライトを使うと処理しやすいですよ!

Vラインの自己処理方法

Vラインの自己処理は、ハイジニーナにする予定ならば毎回すべての毛を剃ります。

毛を残す予定なら、デザインに合わせて剃ります(逆三角形に残すなら、自己処理も同じ逆三角形を残して剃る)。

最終的に毛を残す予定でも、最初の2~3回は全照射して、全体の毛量を減らして整えやすくするのが一般的です。

なので初めの数回は、デザイン照射にしてもハイジニーナにしても、すべての毛を処理してから脱毛に行きましょう!

Iラインの自己処理方法

Iラインは、鏡などを見ながら、剃る場所を少し手でひっぱりながらシェービングしましょう。

粘膜に近い部分なので、決して無理はせず、不安な場合はお店にお任せしましょう。

小さな部位で見にくいので、顔用の小さなシェーバーを使うと、小回りが利いて便利ですよ!

Oラインの自己処理方法

Oラインは、3部位の中でもとくに自己処理の難しい部分です。

鏡の上にしゃがむようにして自己処理を行います。

外から内に向かって剃ると綺麗に剃れます。

Oラインも、剃り残しがあってもほとんどのサロンでフォローしてくれるので、無理はせずに慎重に行ってください。

CHECK!

自己処理についてもっと知りたい人はコチラ▼
脱毛後の自己処理は要注意!知っておきたいポイント

自己処理が面倒!シェービングサービスとは

全身脱毛前の自己処理が面倒な場合、脱毛サロンやクリニックで剃毛の対応をしてくれるのが「シェービングサービス」。

実はお店によって有料の場合もあります。

激安プランで契約したのに、シェービング代が毎回かさんで、高いプランと同じくらいかかってしまった……などの失敗談も。

安いプランだったり、月額のプランだとシェービングが有料の場合が多いです。契約の前に、シェービング代はかかるのか調べておく必要があります。

また、あまりにシェービングサービスを受ける部位が多いと、照射時間が短くなってしっかり脱毛効果が得られないことも。

シェービングサービスを受けるのは最低限の部位だけにして、できるだけ自分で処理していくのがオススメです!

編集部
自己処理をせず脱毛に行ってしまった場合、たとえばVIOなら、Vライン、Iライン、Oライン合わせて3部位分のシェービング代がかかることになりますよ!

シェービングサービスの料金比較

大手サロンのシェービングサービスの料金をまとめてみました。

シェービングサービスといっても自己処理が必要ないということではなく、自己処理が難しい部位のみになりますのでご注意ください。

サロン名 料金(税抜) 無料でシェービングを受けられる部位 シェービング無料のプラン
キレイモ 無料 うなじ・背中・Oライン、ヒップ 全て
ミュゼプラチナム 無料※1 うなじ・背中・Oライン(剃り残しのみ) 全て
銀座カラー 無料 うなじ・背中・ヒップ奥 全て
脱毛ラボ 1回1,000円

※顔・VIOは1回1,500円

なし なし

※1 うなじ・背中・Oライン以外で剃り残しがあった場合、シェービングは有料でもしてもらえず、剃り残しを避けて脱毛することになります。

基本は自己処理をしてくることが大前提ですが、難しい部分は無料でシェービングをしてくれるところが多いですね。

自己処理いらずの全身脱毛サロン3選!

では、シェービングサービスが充実しているオススメサロンを紹介します!

キレイモ

キレイモロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.2
 全身脱毛ならダントツ!
 サロンページはこちら >>

キレイモは、全身脱毛プランと通い放題のスペシャルプランがあります。

自分では処理しづらい背中、うなじ、ヒップ、Oラインはシェービングのお手伝いをしてくれるので、安心です。

脱毛範囲
料金プラン(税抜)
顔とVIOを含む全身
216,182円(キレイモ全身脱毛1年プラン)

・全身脱毛ならダントツ!
・顔・VIO含む全身をまるごと脱毛
・1回の来店90分で全箇所脱毛!
・お手入れ後の仕上げに選べる保湿ローション
・回数無制限のスペシャルプランで徹底脱毛(2020年2月現在)

ミュゼプラチナム

ミュゼロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 4.1
 キャンペーン利用でお得脱毛
 サロンページはこちら >>

ミュゼプラチナムは、全国177店舗がある女性専用の美容脱毛サロンです。

VIOを含めた全身脱毛をすることができます。

初めての方限定で、全身脱毛1回が240円(税抜)で受けることができるので、トライアルしてみたかった人は最適でしょう。

襟足・背中上下・ヒップ奥に剃り残しがある場合は、お手伝いをしてくれるそうですが、なるべく自己処理が必要だそうです。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
321,6001円(6回)

(1回あたり53,600円)

鎖骨から下全身

(VIO含む)

・電話予約

・web予約

・肌にやさしい「S.S.C.方式」
・圧倒的部分脱毛がお得!
・高速脱毛機!脱毛スピードが従来の2倍
・全身脱毛コースが2回100円(2020年2月現在)
・美肌トリートメント効果あり

銀座カラー

銀座カラーロゴ  口コミ総合 ★★★★☆ 3.7
 エステティシャンの高い技術力
 サロンページはこちら >>

銀座カラーは、全身脱毛し放題のコースがある脱毛サロンです。

フェイス用シェーバーを持参し来店すれば、自己処理が難しいところは処理のお手伝いをしてくれます。

しかしボディ用シェーバーやカミソリをご持参の場合は処理のお手伝いはできないそうなので、注意してください。

料金プラン(税抜) 脱毛範囲 予約
脱毛し放題

389,000円

月額9,300円~

全身24箇所

(顔、VIO含む)

・電話予約

・web予約

・全身24ヶ所まるっと脱毛
・全身脱毛1回施術が90分で完了
・シェービングサービスあり
・当日キャンセル0円!
・24時間いつでも予約が可能
・50店舗以上で予約が取りやすい!

全身脱毛前の自己処理は必須!難しい部分は任せよう

脱毛を受ける際には自己処理が必須です。

サロンでやってくれるところもありますが、自分ではできない難しい部分にはシェービングサービスを使いましょう!

ただシェービングサービスがあるからといって、ムダ毛をはやしっぱなしだとその場所の脱毛を避けられてしまったり、断られたりしてしまいます。

自分の肌を守るため、高い効果を実感するためにも、自己処理はしっかりしていきましょう。

効果的な脱毛をして、つるピカお肌を手に入れてくださいね♪

yu_matsuda
yu_matsuda


コスメと音楽と猫をこよなく愛する20代女子。 ライターとしての活動歴は2年と短いものの、ひたすら脱毛とコスメに特化した執筆のみを行うその執念はもはや怖さを感じるほど。 脱毛に関する知識とネコ愛はだれにも負けない自信がある。高校生のころ柔道をやっていた事実は墓場まで持っていくつもりでいる。